京都風俗求人の店舗型業種

京都の風俗求人で店舗型を選ぶ理由

風俗には大きく分けて店舗型と移動型が存在していますが、風俗で働くとして働くためには店舗型風俗店が良いと言えます。まず店舗型と移動型について説明しておきましょう。店舗型は風俗店自体が店舗を持っており、そこで受付を行ったあと奥にあるプレイスペースで女の子とプレイを行うというもの。これを採用している風俗業種にはソープ・ヘルス・メンズエステ・イメクラなどがあります。京都ではヘルスやメンズエステの求人が多いです。

それに対し移動型はラブホテル・ビジネスホテル・自宅などに女の子を派遣してプレイを行うというもの。主にデリヘルやホテヘルがそれにあたり、ホテヘルの場合は受付を行ったあとホテルなどに移動するという流れになります。これらも京都風俗求人に多い業種です。ただ店舗型で働くメリットも多いといいます。

安心して働ける京都風俗求人

店舗型風俗店の大きなメリットは、お店の中でプレイを行うため近くにスタッフがいるという安心感があることです。これがないことが移動型風俗店のデメリットでもあります。それは京都風俗求人に応募する女性に限らず、風俗で働く女性全てに言えることです。

デリヘルなど移動型業種は近くにスタッフがいないためお客に対する抑止がありません。そのため本番などのNGプレイ・暴力や暴言といったことをされることも多く、場合によってはレイプされたような状況になってしまうこともあるようです。風俗や水商売などの経験がある程度ある人であれば対処することはできますが、経験が少ない女性ではその対応は難しいと言えるでしょう。

清潔感がある環境で働ける


京都風俗求人に応募して店舗型風俗店で働くメリットのひとつは、比較的清潔感のあるスペースでプレイをすることができること。店舗によっては汚れが目立つ場所でプレイを行う場合もおりますが、プレイを行ったあと・1日の営業が終わったタイミングなど比較的短いスパンで清掃を行っているケースが多いです。

また清掃を行うのは使用した風俗嬢や店のスタッフ。そのため安心して利用できるということもメリットなのです。デリヘルなどで利用するラブホテルはキレイなところもありますが、清掃しているのはホテルのスタッフであるため若干の不安が残ります。そのようなことを考えると比較的清潔感があって安心してプレイできる店舗型は、働くのに良い環境だと言えるのではないでしょうか。

スケジュールを立てやすい


ヘルスのような店舗型風俗店が風俗で働くのに適している理由のひとつとして、スケジュールが安定している部分もあります。デリヘルやホテヘルといった移動型風俗店の場合は、最後の枠に入ったお客が比較的遠いホテルを利用していることもあるためスケジュールが安定していません。

場合によっては帰る時間が遅くなり終電に間に合わないといったケースも出てくるのです。そういったことが少ない店舗型風俗店はスケジュールを立てやすいため風俗で働くにとっては働きやすいと言えます。京都風俗求人で職場を決めるときは、このようなことも頭に入れておくと良いでしょう。