雄琴風俗求人と業界用語

雄琴風俗求人で使われる言葉

雄琴の風俗求人への応募前に知るべきこと

一般的な業種でもある場合もあるかもしれないが、風俗業界においてもその業界特有の言葉が存在している。風俗業種の中で特に多いと思われるのは、雄琴などのようにその風俗専門の風俗街が存在しそれが長い間続いているソープ。ここで働いているスタッフや女性が常日頃から業界用語を使っているという訳ではないが、そこで使われる言葉やその意味を理解することでソープをさらに楽しむことができるかもしれない。ここではそんなソープの業界用語をいくつか紹介していこうと思う。雄琴の風俗求人への応募を考えている方は参考にして欲しい。

坊主

出勤していながら指名が取れない日のことを坊主と呼ぶ。また同じ意味で「お茶を引く」という言葉が使われることもある。このような事態に陥る可能性があるのは、高すぎてお客が来ない高級店・台風や大雪などの天候不良・その女性自体全く人気がないといったケースが考えられる。風俗店はお客とのプレイをどれだけ行ったかによって報酬が左右する歩合給を採用しているため、この状況が続くような女性は危機的状況に追い込まれていると言って良いかもしれない。

また女性の容姿が残念である・性格が悪くサービスが悪いなどの要素がある人であれば、リピーターにならない・ネットの掲示板サイトで書き込まれるといった理由からこうなってしまうことも考えられる。そのため雄琴の風俗求人に応募して、ソープで働いている女性としては絶対に避けたい状況であると言えるのではないだろうか。

魚雷

これに似た言葉で「地雷」という言葉があるが、これは容姿・性格・サービスなど様々な部分に残念な要素を含んだ風俗嬢という意味。「地雷嬢」と呼ばれることもあり、もう絶対に利用したくないような最悪な風俗嬢に対して使う。そして「魚雷」はその反対で女性がお客に対して使う言葉だ。外見が悪い・性格が悪い・嫌なプレイを強制する・暴力を振るう・説教をするなど、風俗嬢から見ても「もう来て欲しくない」と思ってしまう劣悪なお客のことをいう。

少しでも多くのお客に接客をしてお金を稼ぎたいと思っている女性からこのように思われるのは相当なこと。またその行為があまりにもひどいとき、何度も店に訪れて同じようなことを続けた場合などは「出禁」というお店への入店お断りの対応を取られることもあるようだ。お客の立場としては、女性の立場に立って普通な対応をしていればまずこのようなことになることはない。風俗での時間をより楽しく過ごすためにも自分が「魚雷」だと思われるような対応をしないように心がけてくれる人は多いが、雄琴の風俗求人に応募する人はこういった「魚雷」のようなお客がいることも知っておくと良いだろう。